【双方の本音を語ろう】デート代は割り勘?男性負担?

女性の婚活 男性の婚活 プレ交際(仮交際) 結婚相談所のルール

「プレ交際中のデート代は、どちらが負担するのか?」
これは、男性女性双方からたびたび寄せられる相談で、正直、永遠に答えが出ない問題だと思います。だからこそ「双方それぞれがお互い本音の部分でどう思っているのか?」を知ることで「ああ、そういうふうに考えるんだな」「一理あるな」と思っていただき、今後の交際に役立てて頂けると嬉しいです。

男性の本音「おごり続けて突然の交際終了…立ち直れない」

「けして払いたくないわけじゃないんですが、週2,3人と食事に行って、それぞれ1万円かかるとなると、それだけで2~3万円になるわけで・・・向こうも最初は乗り気じゃないので、ご馳走して、気を遣って話をして、それでダメだと「僕は何やってるんだろう」と思いますね。あるいは、うまくいってると思っていたのに、突然お断りが来ることもあって、何の前触れもなく突然ですよ。そうなると、精神的打撃と同時にお金も使ってとなると、正直どっと疲れて立ち直れません・・・。そんな人ばかりではないですけど、おごらないと不機嫌になる女性もいますしね。全額払わないのを理由に断られるのも嫌だし・・・悩みます」

男性もケチでおごりたくないわけじゃないのですよね。今はプレ交際中も、平行お見合い、平行交際が当たり前の時代になり、男性さん女性さんいずれも、ご自身に全く非がないのに突然交際終了を告げられるケースも増えています。
そういう時は「ご縁が無かった。はい、次!」と気持ちを切り替えるほかないのですが、それまでのデート代をずっと負担してきた男性さんは、どうしてもお気持ちが切り替えられません。「振られた上に、懐も寂しくなって、踏んだり蹴ったりだな」と。そんな時、私もかける言葉が見つかりません…。

ただし、プレ交際中であっても、もう心を決めて「彼女と真剣交際に入れるよう進めていきたい」と思っているのなら、男性が100%ご馳走してあげてほしいとは思います。

女性の本音「私を大事にしてくれる人なのか見極めたい」

「絶対おごってほしいなんて思っていません。でも、私を結婚相手として大事に思ってくれているなら、割り勘にはしませんよね?割り勘にするということは、そういうことなんだな、て思って悲しくなります。私以外に本命がいるんだろうな、て思うし、そうじゃないなら、結婚後もお金を渋るような人なのかなって・・・不安になりますね。あと、割り勘以上にがっかりするのが、支払しようとすると「2000円でいいですよ」とか言われる時です。2人で5000円~6000円のときに「2000円でいいですよ」て言われて、それだったらきっちり割り勘でいいです、て思いますね。支払う金額たいして変わらないのに「有難うございます」て言わなきゃいけない状況にするとか、そっちのほうがケチだなと思っちゃいます」

女性の方が、結婚による生活の変化は大きいケースがほとんどです。苗字を変えて、働き方も変わるかもしれませんし、転勤のある方の場合は、住む場所も選べません。妊娠出産でキャリアの中断もあるでしょうし、経済的に配偶者を頼らざるを得ない時期が出てきます。

だからこそ早めに「この人はいざという時頼れる人か?」「私のことを大事にしてくれる人か?」「経済観念に不安がない人か?」そのあたりを見極めるためにも「食事代くらいは負担してくださる甲斐性がほしい」と思っています。
そのお気持ちは、とてもよくわかります。ですが、先ほども申しましたが、プレ交際の間は平行お見合い並行交際OKなわけですから、言ってしまえばプレ交際=お友達期間なのですよね。普通に考えて、お友達相手に毎回全額おごるでしょうか?どれほど太っ腹でも、ちょっと考えられないですよね。
ですから、もしもプレ交際に入った男性さんがご馳走してくださったら・・・それが当たり前とは思わずに、その背景にある男性さんのお気持ち、懐事情を察して差し上げられたら、素敵だなと思います。
逆に、割り勘だったとしても、それだけでがっかりする必要はないと思います。今はまだ【お友達期間】なのですから、これからしっかり関係を育てていけばいいだけのこと。ご馳走してくださらない=脈がない=次!となる必要はないと思います。

【婚活・結婚相談アクア・マースト東海】HPはこちら

関連記事