一時帰国中の海外駐在男性、スピード成婚♥

海外駐在員の婚活 男性の婚活 成婚ものがたり

海外駐在員、3か月で成婚

入会からわずか3ヶ月!最短成婚

一時帰国中にコロナが蔓延し、暫く赴任地に戻らないことになった海外駐在男性さんでした。「せっかく日本にいるし、婚活してみようか」と、海外駐在専門コースのある相談所を探して、アクア・マーストにご相談にみえました。
そういうご事情でしたので、活動スタート時から「短期集中」と決めていらっしゃいました。とてもハンサムで、お人柄はいたって謙虚、聡明でさわやかな30代男性さんでしたので、これはモテないわけがないです。案の定、お申込みが殺到しましたが「自分がモテると勘違いしないよう気をつけています」とさらりと言えてしまうところがまた、本当にスマートでかっこよかったです。

そんな彼でしたので、ブレずに婚活一直線!モテる男性がハマりがちな婚活迷路にも迷い込まず(「もっといい人がいるかも・・・」というやつです)、運命の彼女を見つけ出し、堅実にスマートに交際を育んでいかれました。その結果、なんと!ご入会からわずか3ヶ月のスピードご成婚となりました。

お相手への希望は明確に、ブレないこと

婚活を続けていると、段々お相手への希望条件が変化していく、それは自然なことですし、都度修正することは大事です。ですが【条件が変化する】ことと【条件がブレる】ことは異なります。例えば:

「結婚後も今の仕事を続けたいから転勤がない人がいい」と思っていたのが、婚活をするなかで「今の生活が変わるのが怖かっただけで、今の仕事にそこまで未練はないかも。他の条件を重視したいから、転勤があってもいいし遠距離でもいい」となる、これは【条件が変化する】ということです。
それに対し、今、交際中の人が自分の挙げた条件にほぼ合致するにも関わらず「いい人だけど、趣味にすごくお金使ってるところ、ちょっと気になる…もっと経済観念のある人の方がいいかなあ」となるのは【条件がブレる】ということです。今、お相手は独身なのですから、趣味にお金を使うのは当然です。あなたの理想100%の人を探すのは、砂漠で一粒の砂を探すようなもの、と思ってください。それよりは、自分が最初に設定した【希望条件】に80%合致する人がいたら「歩み寄っていけないか?」まず考えてみることです。

スピード成婚する人の特徴は:
「もっといい人いるかも」という悪魔の誘惑に落ちないところです。「いい人だな。この人となら一緒に生活していけそう。楽しく暮らしていけそう」と思ったら、誠実にその人と向き合えるところです。

【婚活・結婚相談アクア・マースト東海】HPはこちら

関連記事