婚活はこうしてスタートダッシュを決める!

婚活のノウハウ 婚活ビギナー相談

これから婚活を始めようかな?という方、婚活ではスタートダッシュが大切になります。なぜなら:

  • 誰しもスタート時が一番やる気がある
  • スタート時が最もよい申込みが入ってきやすい

つまり、スタートダッシュを決めて、そこで出会った人の中から良い交際に入ることが、婚活成功の王道パターンとなるわけです。

婚活の成否を握るプロフィール

プロフィールに何も書いていない、書いていても2~3行、手持ちのスナップ写真を掲載、という方を見かけると、もったいないなあ、と思ってしまいます。
プロフィールは、あなたにとってたった一つの営業ツールです。なおざりに済ませておくべきではありません。

プロフィールには3つの要素がありますので、それぞれで気を付けるべきポイント考えてみましょう。

(1)基本情報

身長や体重、学歴、婚歴、年収、趣味、お相手希望などを端的に入力していきます。
身長、学歴などは事実に即して書いていくわけですが、趣味やお相手への希望は、あなたのイメージに関わってくる部分ですので、戦略的に書く必要があります。同じ事を言っていても、言い方ひとつで読む人に良い印象、ポジティブな印象を与えることができますし、「どんな人と会いたいか?」を考えることで、何を書いて何を省くべきか、見えてくるかと思います。

(2)自己紹介文

読む人が負担に思わない長さを意識し、あなたの人柄や魅力を読みやすく、わかりやすく書く必要があります。結婚相談所での活動ですと、これに相談所PR文も加わりますが、私どもも、ここはとても丁寧に、会員と一緒に考え抜いて作り上げていく部分です。性格、仕事観、結婚観、趣味について…同じ事を言うにしても、もっとポジティブな印象を与えられるように言い換えられないか?意識しながら作成します。
たとえば、自分の性格でマイナスだな…と感じている部分も、見方によってはポジティブに言い換えができると思います。優柔不断は慎重だと言えますし、大雑把はおおらかだと言い換えることができます。自分らしさを出しながら、良い印象を与えられるよう文章を推敲する…これを意識してやってみましょう。
また、一度作ったら終わりではなく、婚活を進めて行くうちに:
「こういう人が自分には合っているな」
「結婚観、変わって来たな」
と思ったら、その都度プロフィール文にも修正を加えましょう。できれば3ヶ月毎くらいに、自分のプロフィール文を見直してみるのがいいと思います。

アクア・マーストの会員は、お見合いの席で「自己紹介文が誠実そうで、お受けしました」と言われることもよくあるそうです。プロフィール文がしっかりしている=婚活に本気、と判断される部分もありますので、作文が苦手でも、ここはしっかり手をかけましょう。

(3)写真

男性女性ともに、お写真は婚活で一番大事な要素となっています。システムでは、ずらっと写真が並ぶわけです。その一覧からあなたをクリックしてもらわないことには、プロフィールの詳細を見てもらう事さえないわけですから、ライバルから一歩抜きんでる努力を惜しんではいけません。絶対に手を抜いてはいけない要素です。

「婚活行き詰っています」というご相談を受けるとき、活動状況をヒアリングしてみたら写真が理由の大半を占めていた…というケース、とても多いです。
写真は写真館で撮影してください。面倒でも恥ずかしくても、これは必須です。ちょっと想像してみましょう。ずらっと並ぶお写真のほとんどがプロの撮影したキラキラお写真です。その中にあなたのスナップ写真が入っていて、クリックしてもらえると思いますか?(してもらえるほど美しいのなら、もちろんスナップ写真でGOでもいいですよ。そういう方も中にはいらっしゃいます。とてもおきれいな方の場合は、敢えてスナップ写真で勝負する方が天然美人が印象付けられてよい場合もあります)

写真館ならどこでもいいわけではなく、婚活写真に長けた写真館を選びましょう。女性の場合はヘアメイクも重要になります。結婚相談所で活動する場合は、担当者が最新のおススメ写真館情報を持っています。

また、撮影のお洋服選びもとても重要です。お写真は手間も費用もかかりますので、そう何度も撮り直しができるわけではありません。願わくば、一回きりで済ませたいのが人情ですから、ここは絶対に手を抜いてはいけません。

  • あなたが好きな服ではなく、異性ウケする服を選ぶ
  • 自分が狙う層に訴える印象を作りあげる(可愛い感じが良いか清楚な感じが良いかなど)

手持ちで適当なものがない場合は、購入しましょう。どのみちお見合いやデートで婚活服は必要になってきます。服は流行がありますので、似たようなものでも新調すると、ぐっとあか抜けた印象になることも。
高いお洋服は不要です。大事なのはカラーとデザインです。
新調する場合は、お店の方に「婚活写真用の服を探している」と伝えて、一緒に選んでもらうと失敗がありません。アクア・マーストでは、会員に試着した写メールを送ってもらい、一緒に選ぶこともしばしばあります。

関連記事