活動中の会員さんからよくある質問

プロポーズで準備する花束は何がいい?

赤いバラ一択でお願いします。
レストランで食事の後プロポーズをする予定なら、あらかじめレストランと花屋さんにお願いをして、花束を届けておいてもらうとスマートですね。
お食事の後、プロポーズのタイミングで、お店の人に預かってもらっていた花束を出してもらえば、すてきなサプライズ演出ができます。
バラには色と本数で違う花言葉があります。それを知ったうえで準備すると、一層思い出に残るプロポーズになると思いますよ。

【バラの本数による花言葉】
バラ1本
「一目惚れ」「あなたが運命の人」
バラ3本「愛してる」
バラ4本「一生愛し続ける」
バラ12本「私の恋人になってください」
バラ40本「真実の愛」
バラ99本「永遠の愛」
バラ108本「結婚してください」

【花の色による花言葉】

赤いバラ
「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」
白いバラ
「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」
ピンクのバラ
「しとやか」「上品」「感銘」
青いバラ
「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」
黄色いバラ
「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」

真剣交際になったら、どんな話をすればいいの?

まずは、プレ交際の時と同様に「楽しく過ごすこと」が大切です。
ですが、時間ばかり過ぎて具体的な話が何も進まない・・・だと困りますので、機会を見つけてお互いの価値観、結婚観のすり合わせをしていきましょう。
例えば「結婚したら、どこに住む?」「女性さんの仕事はどうする?(正社員の仕事を続ける?転職する?)」 など。いきなりは聞きにくいかもしれませんので、 まずはご自分の将来ビジョンを話してみて、その流れで聞くのもおススメです 。
「この人とならうまくやっていけそうだな」と感じたら、お互いの親兄弟に会ってもらうなど、次のステップに進みましょう。

真剣交際に入っても、交際終了はできますか?

もちろん、交際終了はいつでもできますので、ご安心を♪
プレ交際の時と同様に、お相手には直接お伝えせず、双方の相談所を経由してお伝えするのが原則ですが、交際期間が長く、結婚間近まで迫っていた場合には、最後に当人同士ご挨拶してけじめをつけるケースもあります。その場合は、カウンセラーまで一度ご相談下さい。
交際終了になりましたら、メルアド・電話番号等、全部ご消去をお願いいたします。 終了後は、ご本人同士での連絡は一切NGになります。(もちろん、退会後も同様です)

何回会ったら、結婚を決めるべき?

人それぞれですので「今、何回めのデートだから・・・」ということはあまり気にしなくてもよいと思います。
ただ、一応「お見合いから通常3カ月、最長で6カ月」で結論を出す、というのがシステム上のルールとなっているので、決められた期間で結論を出すには、お2人で長時間のお出かけをするのもお勧めです。お食事だけのデートに比べて、お互いのことがよく見えてきます。 早い時期になるべくたくさんお会いしていく方が、判断がつきやすいと思いますので、あまり身構えず、良い方でしたら、どんどんお会いして、日々コミュニケーションを取ることが大切です。

お見合いから3カ月で結婚するかどうか結論を出さないといけないの?

基本「お見合いから通常3カ月、最長で6カ月」で結論を出す、というシステム上のルールがあります。
ですがこれは「システムで決まっているから、絶対に3カ月で決めないといけない」ということではありません。まだ結論を出せないでいる方を急かすようなことはしませんので、安心してください。
しかし「無駄に時間を過ごさないように」 双方結婚の意志確認を取っておくことも大事 です。交際が長引く場合は、どこかの時点で 「当方は、きちんと真面目に考えています」という意思表示をすることは必要だと思います。