アクア・マーストは、2001年に代表の市原が1人で立ち上げて、たった1人の会員さんのお世話からスタートしました。とにかく目の前にいる会員さんを結婚させる!そのために「できることはなんでもやる、思いついたことは全部試す」をモットーに走り続けた22年です。

Ι だから 安心してスタートできる!

  • 新規の問い合わせのメールには、定型文で返すのではなく、代表がお一人ずつ返信をする
  • 入会後は決して会員まかせではなく、必ずカウンセラーによる丁寧な活動開始説明のオリエンテーションがある
  • 世の中の流れにアンテナを張り、敏感に対策している(コロナによるオンライン化など)
  • オンラインお見合い(Zoom)も、会員さんと事前練習をやっている
  • 洋服のアドバイスだけでなく、希望者には買い物同行までしている
  • 洋服選びに迷ったら、買い物場所から写メを送ってもらい、遠隔同行でアドバイスをしている
  • 写真館が間に合わない人には、オフィスでカジュアル写真の撮影までやっている

問い合わせから活動開始までのサポートが徹底して親身で手厚い、と、皆さん驚かれます。

こんなにやってくれるなんて、至れり尽くせりですね!

問い合わせをしてくださる方は、今既にお悩みや不安を抱えた方が多いです。僭越ですが、そのご不安やお悩みに、何か回答したいと言う気持ちで、まずは代表自らがお返事を書くようにしています。
お問い合わせの時点では、もちろん一緒に婚活を頑張ることになるかどうかはわかりません。それは問い合わせくださった方がお決めになることですから、アクア・マーストでは強い勧誘はけして行わないことを徹底しています。ですが、お問合せくださった時点で、それも一つのご縁です。アクア・マーストではなくても、きっとどこかで婚活されるわけですから、その時役に立つことを1つでも2つでもお伝えしたい、という気持ちで返信メールを書かせて頂きますし、無料相談を実施しています。

また、婚活をスタートしたばかりの頃は、誰しもわからないことが多く不安でいっぱいです。「わからないままなんとなく初めてみる」「やっていくうちにわかってくる」のまま婚活を始めては、もったいないです!あとで「ええ!そんなことが出来るのね、最初から知りたかった・・・」ということでは、大事な時間がもったいない。婚活はスタートダッシュが大事なので、アクア・マーストでは「もう大丈夫!納得してスタートできそうです」となるまで、しっかり説明とサポートを行います。なぜスタートダッシュが大事か?それは、婚活は活動開始直後が一番良い申込が入ってくるものだからです。最初の1ヶ月で出会った人と成婚する、が1つの成功モデルです。また、もしこの成功モデルに乗らなかったとしても、最初にきちんと正しい婚活方法を身に着けることが、その後の良い婚活につながりますし、後になって、婚活の基本的な部分で「え、そうだったの?知らなかった!」が出てきたのでは、それまでの時間が無駄になってしまいます。

婚活服のアドバイス、買い物同行、オフィス内でのカジュアル写真撮影なども「できることはなんでもやる、思いついたことは全部試す」モットーに基づいた結果、自然と生まれたサービスです。

Ι だから きちんとお見合いが組める!

  • 会員さんからの申込/会員さんへの申受を取次ぐときに、案件を一つずつ確認している
  • 会員1人当たりの申込数が多い(※コースにより上限は違います。50件~100件/月)
  • 何か気になる点があれば、会員へ細やかにカウンセラーからの言葉を添えてから取次いでいる
  • 成婚するまで、お相手紹介を本当に何度も何度もめげずにする!!

「この量の申込を通すだけでも大変なのに、さらにチェックしてから通す」この業務!会員さんには直接、見えない業務ですが、アクア・マーストではかなりの人員と時間を割いています!!

実際、アクア・マーストでは【申込/申受の取り次ぎ業務】は日々の業務の中でも、かなりの時間を割いて行っています。プロフィールに見落とし(居住地を見ていなくて遠方の人だった…など)があっても、それは会員さんの自己責任とする相談所も多いとは思いますが、うっかり組めてしまったらお見合いをしないといけなくなります。そのような消化お見合いは、会員さんにとってもお相手様にとっても全く無意味ですので、この段階でなるべくその可能性を排除することが、結局は「本質的な婚活、疲れない婚活」につながると思って取り組んでいます。
婚活は、まずお見合いが組めてなんぼ、です。それも意味のあるお見合いが組めてこそ、だと思っています。そのためには「十分な数のお申込みができること」「希望しない人に間違えて申込まないこと」が大切です。

また、会員さんへ入った申受案件を取り次ぐときには、基本「会員さんの希望条件」に合致した人を通します。入会最初のオリエンテーションで、「どういう条件の人をお取次ぎしてよいのか?」を会員さんに聞いて確認していきます。だから「自分の希望しない条件の人からばかり申し込みが入って、嫌になる・・」と、会員さんのやる気をなくす事態を極力減らせます。逆に、中には「この人、ちょっと条件は違うかもしれないけれど・・・うちの持っている情報では、彼女とフィーリングが合いそうなのよね・・・」と思う時などは、おススメする理由を添えて敢えて会員さんにお通ししたりもします。長年この仕事をしていて感じていることは、当初頭で思い描いていた条件の人と結婚したという人は意外と少ない、ということです。「ちょっと条件と違ったんですけど、会ったらそんなことどうでもよくなりました」「最初にこだわっていたことって、あまり意味がなかったなと感じています」そんな言葉を残して成婚していく会員さんをたくさん見てきた結果、第三者の目から選ぶことも会員さんの可能性と選択肢を広げる助けになると思っています。そのため、アクア・マーストでは【紹介担当スタッフ】も常駐し、彼女たちは「会員さんにご紹介できる人を探す」ことを業務のメインにしています。紹介を希望する会員さん、最近お見合いがなかなか組めなくて苦戦している会員さんには、お見合いが組めるまで何度も何度も紹介業務を行います。

Ι だから 楽しく婚活できる!

  • 各面談、きちんと時間を長く取ってやる
  • 面談アポ、電話アポが毎日入っている
  • 会員からの相談メール返信、会員との相談電話や相談オンラインにかなり時間を割いている
  • お見合い後の感想&相談電話が多い(スタッフは全員、電話・オンライン・メール返信で忙しい!)
  • プロフィールの見直しを定期的にやっている
  • 動いていない会員には常に声掛けしている

相談しやすいんでしょうね。気軽に聞いてくれる人がいたら、婚活のストレスをためずに済むからすごく良いと思います!

結婚相談所業務の中で、最も大切にするべきことが「相談業務」「交際管理」だと思っています。これこそが他の婚活ツール(アプリや情報サービス)と大きく違うところですし、また相談所の質を決める部分だと感じています。会員さんには、月会費をお支払い頂いています。ですから、お支払い頂いている以上のサポートをしっかりお返ししないといけません。私どもが最も嫌いな言葉が「見せかけの仕事」「当たり障りのない助言」です。会員さんが勇気を出して寄せてくださったご相談に、忙しいから仕事が溜まっているからと、適当に流した返信をしてはいけない、とスタッフ一同肝に銘じて、相談業務にあたっています。代表市原の仕事の一つに、「スタッフが会員への相談返信メールをチェックして指導する」業務があります。「心のこもった返信になっているか?」「意図は通じているか?」とても気を遣う大事な部分です。

婚活はご縁とタイミングが全てです。タイミングを逃したら、つかめたはずのご縁を逃してしまうことだってあります。ですから、寄せて頂いた相談には、スピーディに返信する。しっかり調べて考えて返信する。「これは今すぐ話し合わないといけない」と感じたときは、業務時間外であっても会員さんにお電話します。夜中に返信メールを打つこともしばしばです。会員さんに「市原さん、いつ寝てるんですか?」「自分の身体も大事にしてください」と気遣わせてしまうこともあり、ちょっと反省する部分ではあります。

また、自分で積極的に動けていない会員さん、思うような活動ができていない会員さんにも、常に目を配るようにしています。やる気になってもらえるような声掛け、メールを送ったり、婚活が好転するような提案(プロフィールの見直し、リフレッシュ面談、ピックアップ、お写真の撮り直し、再登録など)を行ったりしています。成婚した会員さんには「なかなか自分で動けない不精なのですが、アクア・マーストにいると「婚活やらなければ」という気持ちになりました」「消極的な自分の手を引っ張り背中を押して、時にはおしりをたたいて(笑)成婚させてくれました」などと感謝(?)のお言葉を頂くこともよくあります。気をつけていることは「無理強いはしない。でも、放置はしない」です。婚活、しんどいときも確かにあります。少し休みたいときだってあるでしょう。そんなときは思い切って休んでもいいのです。でも、またしっかり元気がチャージできたら・・・一緒にがんばりましょう。あきらめない、これがアクア・マーストのスローガンです。私たちは、ぜったいにあなたの結婚をあきらめません。運命の人が必ずどこかにいる。今はまだ出会えていないだけ。そういう気持ちで全ての会員さんのお世話をしています。

Ι だから 成婚できる!

  • 自社会員同士のお見合い・成婚が多い
  • 代表自らが全ての交際に目を配っている、誰の名前を言っても今の状況を把握している
  • スタッフ間で会員情報の周知徹底がされている
    (毎週、全スタッフが集まって、会員さんの動向などを極力情報共有している)
  • 各担当がきちんと仕事をしている、やっつけ仕事をしない

社内の情報共有が徹底してますね。この規模だからできることですよね。

アクア・マーストの現役会員は約200名です。この人数だから全員の活動状況・交際状況を把握することができています。また、ある程度の人数がいるからこそ、自社会員同士のお見合いもお組みできます。きちんと人となりを把握している自社会員同士のお見合いですと交際成立率も高いですし、サポートもより行き届きますので(タイムラグがない、相談所間での行き違いがない)成婚までたどり着くケースも多くなります。

また、アクア・マーストはスタッフ同士の仲が良く、週に一度の全体会議で全会員の情報共有をするのはもちろんのこと、普段から業務をこなしながら「この会員さんがお見合いした人、条件が合わなくてお断りしたんだけど、お人柄はすごく良かったって。お顔も写真よりかっこよかったらしいよ。誰が会ってみないかな?」「新規登録の人見てたら、●●さんにぴったりの人を見つけてしまった!担当から紹介いれておいて」というように、日々声をかけあっています。担当だけではなく、全てのスタッフが全ての会員さんを気にかけ、お世話サポートに入っています。第三者の複数の目が見まもっているからこそ、厚みのある婚活サポートができているのだと自負しています。

Ι だから 会員さん満足度が高い!

  • 現役会員、成婚会員からのクチコミ紹介が多い
  • 会員の成婚を一緒にお祝い

紹介で入ってくる人が多いのですね。友達同士で一緒に活動してる子もいると聞いたことあります

結婚相談所のお仕事の基本は「シンプルに『自分だったらしてほしい』と思うことをする」だと思っています。この当たり前のことを当たり前にやれる結婚相談所こそ、良い結婚相談所だと思います。ですから、アクア・マーストではできる限り会員さんのご要望をお聞きします。ちょっぴり長く活動された会員さんと担当の間には、ある種の友情、絆が生まれていて「卒業するのが寂しいです…」と言ってくださることもままあります。そうした会員さんの中には「アクア・マーストで結婚式があげたいです」「卒業式をやってほしいです」と要望される方もいました。そんなときは、スタッフ一同時間を作って、ケーキを買いに走ったりオフィスを飾り付けたり、わいわい楽しく準備をして、心から会員さんとパートナーさんの門出をお祝いします。時には採算度外視で、スタッフと会員さんと、みんなで思い出のひとときを作る。これこそ相談所業務の醍醐味ですし、ただの仕事だと思わずやっていることが伝わるから、会員さんたちも大切なご家族ご友人を次々ご紹介してくださるのだと思います。


最近の記事

  1. 「お見合いが組めない」悩みを解決!原因と対処法

  2. 同い年スピード成婚♡交際順調の秘訣は「背伸びしない!」

  3. ルールがあると楽!そう思うあなたは相談所婚活向き

お問合せに返信します〈LINE公式〉

LINEでお問い合わせボタン

公式YouTubeチャンネル