30代は婚活のボリュームゾーン

2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、男性の平均初婚年齢は31.1歳、女性が29.4歳となっており、30歳になった頃から周りにも既婚者が増えてきたな、と実感する方が多いようです。
実際、アクア・マーストの30代会員さんに婚活を始めた動機をお伺いすると「友達の結婚式に出ることが増えてきて、私も結婚したいなと思うようになりました」「甥っ子姪っ子が可愛くて、はやく結婚して子供がほしいなと思っています」と、身近な方の結婚が刺激になって、結婚を意識するようになった方が多い印象です。

周りもみんな婚活をしている、ということは励みになる一方で、難しい面もあります。それは競争率が高いということ。あなたが「いいな」と思う異性は、みんな「いいな」と思っているということです。同じ人に申込が殺到しますので、申し込んでも申し込んでも、なかなかお見合いが成立しない…というケースも。
ですから、30代の婚活では、何事も戦略的に進めて行くことが大事になります。

結婚したい人がやるべき3つのこと

1.人生設計を立てる

30代は仕事もやりがいが出てくる一方、多忙な時期です。仕事は充実しているけれど、なかなか婚活する時間が取れない・・・とお悩みの方も多いです。ですが、日々忙しさに追われるうちに、一年また一年と過ぎていっては、いつまでも婚活卒業はできませんし、誰も責任を取ってはくれません。
30代、今が大事です。腰を据えてしっかりと、あなたの人生設計を立ててみましょう。

  • 子供は何人ほしいのか?(あるいはほしくないのか?)
  • 共働き希望か?家庭に入りたい/入ってほしいのか?
  • どんな家に住みたいのか?(持ち家、マンション、賃貸)

人生設計は「夫婦の働き方」「必要な世帯年収」「キャリア形成」などと密接に関係してきます。
「結婚したら、奥さんには家庭に入ってもらいたいと思っていたけど、子供に十分な教育環境を与えてあげたいと思ったら、家事育児協力しながら共働きがいいのかな」
「子供はどちらでもいいけど、結婚したら一軒家を買って犬を飼いたい。転勤がない、地元企業勤務か公務員の人と結婚したいな」
なんとなくイメージしていた【理想のお相手像】と、自分の人生設計に即した【地に足の着いたお相手像】は、違って当然です。
また、子供を望むなら年齢のリミットがありますから、今やるべき優先事項も見えてきます。

2.目標を設定する

例えば、今が1月だとすると:
「今年の12月に結婚する」と決めます。
そこから逆算して:

  • いつまでにプロポーズする/される必要があるのか?
  • 一人にしぼって真剣交際に入る時期はいつ頃か?
  • 比較のプレ交際には何人入っておくべきか?
  • お見合いは何件を目標にするか?
  • 希望の数のお見合いを組むには、申込をどのくらい頑張るか?

このように、いつなにをするべきか?TODOが明確になります。

頭の中で思い浮かべるだけではなく、実際に紙に書いてみましょう。紙に書くことで、頭も整理されますし、また「今、やるべきことをやろう」と覚悟も決まるものです。

3.譲れる条件、譲れない条件を整理する

見た目、性格、身長、趣味、収入…お相手への条件、いろいろありますよね。相談所での活動の最大の利点は、最初からある程度、お相手の条件がわかっている、ということです。
ですが、膨大なデータを見ていると、どうしても素晴らしい条件の人、非の打ちどころのない条件の人のプロフィールにばかり目がいってしまう…というデメリットも。

もちろん、自分が希望する条件全てかなえてくれる「パーフェクトな異性」とお見合いが組め、また交際に入れるのなら、素晴らしいです。
ですが、最初に申し上げたとおり、30代はボリュームゾーン、パーフェクトな異性には、申し込みが殺到していると思って間違いありません。申込はなかなか通りませんし、お見合いは成立しません。
婚活は、実際にお会いしないことには始まりません。理想の男性を追いかけて申込をすることが婚活ではないのです。まず、その次のステップに入ることを目標にしなくてはなりません。ですから、お相手への条件も、一度紙に書き出してみてください。その時は、上記で立てた人生設計、結婚の目標設定をベースにして:
「絶対に譲れない条件」
「譲れる条件」
これをわけて、書き出しましょう。絶対に譲れない条件は2つ3つくらいに設定しておくことがおススメです。
お相手への条件も、いろんな人に会ううちに、変化してくると思います。定期的に振り返りをしながら、条件設定もアップデートしていくことが、良い婚活の秘訣になります。