20代は早婚志向!25歳で結婚を意識する人急増中

婚活をする人たちのボリュームゾーンは30代40代になりますが、その一方、近年のトレンドとして、20代の入会者数が右肩上がりで上昇しています。

アクア・マーストに所属する20代会員さんに「入会を決めた理由」をお伺いすると:

  • 若いうちに婚活した方が、良い条件の人と出会えると思ったから。
  • ちゃんとした人と、安心安全に出会いたいから。
  • 早く結婚して子供を育てた方が、キャリア形成しやすいから。

きちんと考えて行動していることが伝わってきて、お若いのにしっかりしているなあ、と驚かされます。おそらく、今の20代は、子供の頃から若者の非婚/未婚が社会問題化した中で育っており、「結婚を先延ばしにするデメリット」「早めに人生設計をする大切さ」を実感しているのだと思います。

20代の結婚は、早すぎる?

厚生労働省が発表した平成 30 年人口動態統計月報(調査期間:平成30年1月1日~12月31日)によると、日本の平均初婚年齢は夫 31.1 歳、妻 29.4歳です。

また、総務省統計局が発表している、平成27年国税調査(5年に一度実施なので、令和2年時点での最新データになります)の「人口等基本集計結果」から、

年齢別の未婚率と既婚者割合を見ると:

 女性
未婚率(%)
女性
既婚率(%)
男性
未婚率(%)
男性
既婚率(%)
20~24歳91.37.9954.7
25~29歳61.336.372.726.3
30~34歳34.660.94750.8

おおまかにいって:
女性は20代のうちに3人に1人が結婚、30歳~34歳で6割以上が結婚しています。
男性は20代のうちに4人に1人が結婚、30歳~34歳で5割以上が結婚しています。
当たり前のことですが、結婚はお相手あってのこと。結婚したいと思ってすぐに結婚できるわけではありません。そういうことを考えますと、20代のうちに結婚について真剣に考えることは、けして早すぎることではありません。

20代で婚活するメリットは?

  • 異性からのアプローチが多い
  • 成婚率が高い
  • 妊娠出産に有利=将来プランを立てやすい

男女ともに、お相手検索をするときには「29歳/34歳/39歳」を年齢の上限区切りにします。この年齢を超えると、そもそも最初の検索に引っ掛からない=アプローチが減ってしまう、ということになるわけです。
アプローチが多ければ、そのぶん自分の選択肢が増えるわけですから、婚活には大変有利になります。

また、20代は他の年代に比べて成婚率が高い傾向があります。その理由として、若い人ほど価値観のすり合わせがしやすいからではないか、ということが考えられます。長く独身生活を送っていると、生活習慣や価値観などが固定化され、いまさら変えるのは難しい…という方が多くいらっしゃいます。お若い方ほど変化に柔軟ですので「価値観の違い」「生活習慣の違い」といったことで衝突することが少ない傾向にあります。

そして、30代40代で結婚された方々が「もっと早く婚活しておけばよかったです」と口々におっしゃる一番の理由は、妊娠率の高さです。ご成婚された30代40代の婚活先輩方は、結婚と同時に妊活に取り組まれているのですが、ここで思わぬ苦戦をし「妊娠することがこんなに難しいなんて、知らなかった。健康な子供を授かるために、どうしてもっと早く行動しなかったのか悔やまれます」とお手紙をくださいます。
最近は、40代芸能人の妊娠出産ニュースを目にすることも多いので、皆さん「医学が進歩しているし、なんとでもなる」「私はきちんと生理が来ているから健康」と思い込んでいらっしゃいますが、実は、卵子の元になる原始卵胞は生まれた時に既に卵巣の中にあります。毎月新しい原始卵胞が生み出されているのではないのです。ですから、卵子の年齢=あなたの年齢、となるわけです。卵子が老化することで、妊娠率が下がったり、染色体異常が出る確率が上がったりします。これは女性さんだけではなく、男性さんも、やはり年齢が上がると男性不妊の率、染色体異常の可能性は上がります。
つまり、どれだけ医学が発達しても、男性にとっても女性にとっても、やはり妊娠出産は早い方がいいのです。妊娠出産以上に大変なのが、子育てです。体力面でも資産形成の面でも、少しでも若いうちに子育てをスタートするほうが、将来設計もしやすく、理想の子育てが可能になります。

20代で婚活するときの注意点は?

  • お相手理想像は具体的に書き出してみる
  • 婚活の期限目標を決めておく
  • 周りの友達と比べない

婚活を始めたばかりの方は「どんな人が自分に合うのかわからない」と悩むことが多いようです。20代だと、まだまだ結婚観も定まっていないかもしれません。何事でもそうですが、紙に書き出すことで、自分の本当の望み、優先順位、大事にしたいことなどが整理されますよね。婚活でも同じです。「希望年齢、年収、居住地、性格」など具体的な条件から「共働き希望?子供は?ペットは?」結婚後のライフスタイルまで、一度紙に書き出してみましょう。そのうち、2つ3つ絶対に譲れない条件を決めておくと、ブレない婚活ができます。もちろん、活動するうちに考え方は変化しますので、定期的に書き直しをすることもおススメです。紙に書くのは苦手…という方は、担当カウンセラーに話をしてみるだけでもいいですよ。誰かにお話するだけで考えは整理されますし、プロのカウンセラーでしたら、あなたに替わって、今のお相手理想像をわかりやすくまとめてくれることでしょう。

また、婚活リミットがない20代、決断できず、ついだらだらと婚活してしまい、何年も経ってしまった…なんて危険も。結婚はご縁です。あなたが結婚したい!と思っている今、出会える人が運命の相手です。まずは、いつまでに結婚したいのか?その目標を設定しましょう。もちろん、計画通り進むとは限らないのですが、その時は、状況に合わせて軌道修正すればいいことです。自分で決めたゴールから逆算することで、今やらないといけないことが可視化できます。

20代だと、周囲はまだまだ独身を謳歌しているように見えるかもしれません。みんな仕事や趣味に打ち込んで、彼氏/彼女に興味なし!という風に見えるかもしれません。同性同士の食事会、飲み会で盛り上がってすごく楽しい!みんなもまだまだ結婚していないし、当分このままでいいや、と思えるかもしません。
ですが、考えてみてください。一生、今の生活を送りたいですか?
仕事と趣味があれば、一生一人で生きていける。それなら、構わないのです。婚活を無理にしなくていいのです。
ですが、「いつかは結婚したい」「いい人さえいれば結婚したい」そいういう気持ちがあるのなら、婚活を先延ばしにすることはおススメできません。「結婚相手とは自然に出会いたい」という気持ちは誰しもあるとは思います。ですが、今までの人生で運命の出会いがなかったのに、この先も出会える努力をせず、運命の出会いを待つのは、あまりに危険な賭けではないでしょうか。婚活では【努力でなんとかなる条件(清潔感やスタイル、年収など)】と【努力でどうにもならない条件(年齢、健康など)】があります。周りにまだまだ結婚していない人がいるから、と安心して何年も過ごすうちに【努力でどうにもならない条件】が下がってしまったら…?
一生に一度の婚活、いつかするなら、今しましょう!早くスタートした人ほど、思い通りの婚活を手に入れることができています。