男性の本音「3~4回会ったらわかる」

成婚ものがたり

婚活男子の本音

アラフォー男性、入会から5ヶ月でご成婚です。
お見合い総数は5件、入会月にお見合いした彼女とご成婚ですので、彼の婚活は実質、彼女と出会って交際、プロポーズが成功するまででした。
先日、彼が成婚の挨拶に来て下さったので、一緒に婚活の思い出話をしました。その時、彼のおっしゃった言葉がタイトルの「結婚できる人かどうかは、3~4回会えばわかります」です。
今日はその意味を、くわしくお話したいと思います。

3~4回会って好きにならなければ、その先はない!


男性は、直観情報をとても重視します。 端的に言って「見た目&性格がタイプである」ことはとても強いです。 これは彼だけではなく、ほとんどの男性に当てはまっているように感じます。
婚活をスタートするとき、もちろん皆さん理想があります。学 歴、地域、仕事・・・しかし実際に婚活を始めると、この条件にこだわる人と、こだわらない人が出てきます。 当然ながら、こだわらない人の方がたくさんお見合いを組めますし、結果、成婚も早いです。


こだわらないというのはどういうことなのか?彼の場合、入会した月に組めたお見合いに、運命の彼女がいました。お見合いで会話のテンポが合ったこと、見た目が可愛いかったことが交際に入った決め手でした。お見合いの時点で、お相手条件の「フィーリング、見た目」はクリアしていたのです。

その他のことは「好きになったらどうでもいいことでしたねえ。条件は関係ないです」と今になっておっしゃっています。

そして彼曰く「3~4回会って好きにならなければ、その先何回会ったって同じです」だそうです。男性は、確かにその傾向があると思います。特に、これまでそれなりの恋愛経験を経てきた方は、この傾向が顕著だと思います。逆に言うと、3~4回会って「ああ、この子が好きだな、結婚したいな」と思えば、他の条件は緩和できる柔軟性があるということです。

\ お問合せに返信します〈LINE公式 ) /
LINEでお問い合わせボタン

 

真剣交際に入ったら・・・親兄弟に紹介する

ですから、彼はお見合いから1ヶ月経たないうちに真剣交際を考えるようになっていました。ただ、お相手である彼女のお気持ちが整うのを待つため、その後もデートを重ねていきました。真剣交際の申込はタイミングがとても大切です。お相手の気持ちが整わないうちに、勇んで申込をしてしまうと、うまくいくはずのものも、うまくいかなくなってしまいます。なぜなら、女性は「進むかやめるか」の決断を迫られると、往々にして「やめる」ことを選択しがちだからです。ここも男性と女性では、大きく考え方が違う部分だと思います。

彼も、自分のお気持ちはもうすっかり固まっていましたが、彼女の信頼を確実なものにする間、何も言わずにデートをしてもらいました。その時彼が気をつけていたことは:
「彼女の生活スタイルを尊重することです。デートの時間も、彼女の生活ペースを乱さないように、無理をさせないように、気を配りました」
「僕と一緒にいても今の生活は変わらないということ、その安心感を与えてあげたかったんです。僕が譲れることは僕が譲ればいいと思っています」

彼のこうしたお気持ちが彼女に届き、二人は真剣交際に入りました。そして、真剣交際に入ってすぐに、お互いの実家に遊びに行ったそうです。

「親に会ってもらったこと、会わせてもらったことで、気持ちが固まりました。彼女との交際に責任感が出たと思います」

アクア・マーストでは、真剣交際に入ったら、自分の親兄弟に会ってもらうことをおススメしています。家族の目から見て合格点か、それも知りたいポイントですし、彼の言うように、家族に会うことで「結婚を前提にお付き合いしている」自覚が生まれます。そうすると、結婚に向けての具体的で真剣な話もしやすくなります。

成婚男子のエール「結婚はやっぱり男が頑張るべき」

彼は本当にいまどきの、優しく穏やかな好青年です。それでも、彼が婚活を振り返って総括するに:

「結婚を決める時は、やっぱり男が頑張るべきですよ。真剣交際の申込もプロポーズも、男がしてあげないといけないと思います。僕が思うに、頑張りたいと思える女性に出会えれば、男はいくらでも頑張れるんです。好きだけど頑張れない、しんどい、と思うときは、残念ですが、その交際はうまくいってないんだと思います。僕の話をすると、お見合い+デート1回目で、フィーリングも判断できました。この子だな、て決めたら、あとは好きになってもらうだけなので、僕が頑張るだけです。シンプルです」

もちろん、みんなが彼のように考えられるわけではありません。ですが、彼のような考えのできる人は、やはり成婚までは早いです。全て彼の言うとおりにしなくていいのですが、中には一つ二つ、参考にできそうな部分があるのではないでしょうか?

アクア・マーストでは、成婚者の生の声をお届けしています。そのアドバイスの中から「これなら自分も実行できそうだ」と思える部分だけでいいのです、少し取り入れて婚活をしてみてください。「へえ、そんな考え方もあるんだなあ」と視野を広げるきっかけにしてみてください。

アクア・マーストはあなたの、あなたらしい婚活を、今日も全力で応援しています。

関連記事