真剣交際に踏み出せない理由3選と対策

女性の婚活 真剣交際 プレ交際(仮交際)

sinkenkosai

仮交際中の彼から真剣交際を申し込まれた。
とても喜ばしいことですが、なかには即答できず「どうしよう・・・」となってしまう人も。
自分も「この人いいな。素敵だな。先に進められるよう頑張ろう!」と思っていたなら問題ないのですが、「まだそこまで盛り上がってない…」「いい人だと思うけど…いい人って理由だけで決めていいの?」と決心がつかず迷ってしまう・・・女性さんから多い相談の一つです。

もちろん、真剣交際を申し込まれたからと言って無理して先に進む必要はありません。不安はきちんと解消しましょう。今日は、なぜ不安に思うのか?その理由と対処方法についてご紹介します。

理想の条件と違う不安

例えばですが、女性さんがよく上げる「お相手条件」の一つに、「尊敬できる人」というものがあります。
「いい人だけど・・・あまり上昇志向がない人だな」「意外と物を知らないかも・・・」
そう思う瞬間があって、このまま先に進んでも大丈夫かな・・・?と不安になるケースです。
ですが、「仕事ができて尊敬できる」「博識で尊敬できる」これが結婚生活で重要なファクターか?考えてみましょう。もちろん、それが重要だという人もいるでしょう。ですが、漠然と「自分より頭のいい人」「自分より仕事ができる人」それが普通だろうから、という理由でしたら、見直してみてもいい条件です。
「一人の人間として敬意が持てる」ことは重要です。それはお人柄であり、フィーリングの部分です。
婚活を始めた頃の条件は、言ってしまえば「絵にかいた餅」です。現実に即していない部分も多いのです。「一般的にこうだろう」という根拠のないイメージで設定した条件も多く、そのほとんどは、実はあなたの結婚生活には必ずしも必要ないものではないですか?それはあればあるに越したことがないかもしれませんが、もっと大事なことが彼に備わっているのなら、不安に思う必要はありません。
真剣交際に入る、そのタイミングまできているのなら、あまり条件にはとらわれず、目の前の彼が「信頼できる方かどうか」「思いやりのある方かどうか」「自分を大事にしてくださる方かどうか」を見つめてみてください。

もっといい人がいるのでは?という不安

婚活は、短期間に次々異性と知り合える特殊な場です。ですから、もし別の場で出会っていたなら、何も考えず先に進めたかもしれませんが、どうしても「本当にこの人でいいのかな?ほかにももっといい人がいるかもしれない」などと思いがちです。
もし、これが理由で迷う気持ちがあるのなら、逆にこの「次々異性と知り合える」システムを思い切り利用しましょう。真剣交際を申し込んでくれている彼と比較する目的で、他のお見合いをしてみるのです。
もちろん、彼には絶対に秘密にしてください。仮交際中は複数交際並行お見合いOKが暗黙のルールとはいえ、正直に言うのはマナー違反ですし、悟られるのもいけません。
比較期間は短く、早めに決断できるように、空いている時間は平日も夜もお見合いに使う覚悟で集中して行いましょう。

比較した結果、別の人とお見合いしてもピンとこなければ「今お付き合いしている彼を大事にしよう」と覚悟が決まりますし、逆に、良い人が現れたなら、それはそれで良いことです。
後ろめたく思う必要はありません。「違うかも・・・」と思いながら引き延ばす方が、結局は、お相手の時間も無駄にしてしまい、余計に失礼なことになってしまいます。

「彼で間違いない」と確信を得るには、経験するしかありません。既婚者の友人にアドバイスを求めるのもよいと思いますが、最後の最後、納得するためには「私はやることは全部やった」と思えるかどうかだと思います。

結婚への覚悟が固まっていない不安

お相手が誰であっても関係なく、あなた自身の心の問題です。「え、それってどうしようもないことでは?」と思いがちですが、心の問題だからこそ、あなたの心の持ちよう一つで解決できることでもあります。

率直に言うと、どれほど入念に準備して計画しても、人生100%思い通りに進むことなんて、ありません。
結婚した人たちみんなが「この人が運命の人だ」と確信して結婚しているわけでもありません。長年お付き合いした末に結婚しても数年で離婚する人もいるでしょうし、逆にスピード結婚でも添い遂げる人はいくらでもいます。交際期間の長さや大恋愛だったかどうかは、しあわせな結婚生活と全く相関関係にないのです。
結婚とはなにか?それは結婚してから段々とわかってくるものですし、極端な話をすると、人生明日何が起こるのかさえ、誰にもわからないことです。
ですから、人生では時に「えい!」と思い切ってやってみるほかない場面があります。結婚に関することは、それに属することだと思います。あるいは失敗するかもしれません。けれど、十分に考え、人に相談し、納得いくまで吟味した末の決断なら、たとえ失敗したとしても、悔いはないのではないでしょうか?少なくとも「ああしておけばよかった」という苦い後悔は残りません。
そういう場合は「失敗」ではなく一つの「人生経験」になると思います。

究極、とりかえしのつかないことって、人生でほとんどありません。「間違えたな」と思ったら、いつでもやり直せばいいのです。「他人事だからそんなことが言える」と思われるかもしれませんが、もちろん、考えなしに猪突猛進しろと言っているのではないですよ。ですが、迷いに迷うタイプの人の場合、実は、心の中ではとうに結論は出ているケースが多いのです。まだ起きていない「将来起こるかもしれないこと」を理由に、一歩進むことを迷っているのだとしたら・・・それはみすみす絶好の機会を逃していることと同じです。
人生の決断において慎重であることは重要ですが、自分を信じて一歩進む勇気も同じくらい重要なことです。

真剣交際=結婚ではありません!

真剣交際という言葉を、過剰に重く考える必要はありません。もちろん「結婚を前提に真剣に交際する」期間になるわけですが、だからといって「真剣交際に入ったから結婚しないといけない」ということではないのです。あくまで「結婚をできるかどうか?」を見極めるための交際期間です。

ですから、もし真剣交際を進めるなかで「あれ、ちょっと違うかな・・・」となれば、いつでも交際終了はできます。交際終了をするときは、仮交際と同様、相談所を経由してお伝えします。交際マークを外して、また婚活を再開するだけです。一度真剣交際に入った経験は、必ず次の交際の役に立ちます。真剣交際を申し込まれた時点で、お相手のことを「すごく好き!」でなくてもいいのです。
「いい人だな」「一緒にいて嫌じゃないな」と思えるのなら、思い切って次のステップ「真剣交際」に進んでみましょう。

関連記事