海外駐在男性が語る「彼女のここにグッと来た」

海外駐在員の婚活 婚活のノウハウ 女性の婚活

ライバルに一歩リードする方法

婚活市場で、海外駐在男性はとても人気があります。
「海外で活躍する男性とお見合いしたい!」と希望する女性は、年々増加しており、つまり競争率も非常に高いということになります。
アクア・マーストは海外駐在員の婚活に強い老舗として、これまで数多くの海外駐在男性さんの成婚を見送ってきました。ご成婚退会になるとき、彼らに:
「彼女を選んだ決め手はなんだったの?」
とお伺いすることがあります。今日は、そんな彼らの「僕が彼女に決めた理由決」をいくつかご紹介したいと思います。
海外駐在員さんの場合、一時帰国機会には、ほぼ確実に複数のお見合いをし、複数交際に入っています。ライバルに一歩先んじるために、ぜひ参考になさってください。

男性が一時帰国中のスケジュールは全て空けておく

お見合い前に、お相手の帰国日程がわかっていれば、お見合い日以降のスケジュールも極力空けておきましょう。海外駐在員は、一旦現地に戻ってしまうと、また当分直接はお会いできません。ですから「いいな」と思った女性さんとは、赴任地に戻る前にもう一度会っておきたいと考えています。
お見合いが決まったら、できれば先方相談所に、帰国日程を聞いておいて、その間のスケジュールは入れないようにしましょう。もちろん、お見合いの結果がどうなるかは、その時点ではわかりませんが、備えあれば憂いなしです。こうした心構えを持っておくことは大切です。

空港までお見送りに行く

これは本当に何人もの海外駐在会員さんが「嬉しかったです」と言われるポイントです。
赴任地に戻ったら、当分の間会えなくなるわけですから、良い印象を持てお別れすることが重要になってきます。そのことが、その後のメールやZOOM/Skypeなどの交流を自然なものにしてくれますので、たとえ赴任地に戻る日にデートができなくても、空港までお見送りに行ってもいいか、ぜひお相手にお聞きしてみましょう。お見送りができたら、あなたに対する好感度もアップ!遠距離交際を育むための良いスタートがきれますよ。

お相手の赴任地に遊びに行きたいと言ってみる

これはタイミングをよく見計らう必要がありますので、担当カウンセラー、お相手相談所とも密に連携しておかなければなりませんが、交際が深まって、ある時期が来れば、思い切ってお相手の赴任地まで遊びに行ってみましょう。
そうすることで、彼もあなたの本気度がわかりますし、手土産に日本の調味料など持参して、お料理をふるまってあげるなどすれば、男性はとても感動するものです。
「自分のために、ここまで準備してくれていたんだ。大事に思ってくれているんだな」と彼に実感してもらうことで、あなたに対する愛情も高まります。

つまり、女性であっても、今の時代はある程度の行動力・決断力が、交際の成否を握ります。人気層の男性にアプローチしたいと思っているなら、なおさらです。ただし、お相手の気持ちを読みながら、行動していく必要があります。そこは担当カウンセラーによく相談して、一歩一歩確実に進めていってください。

【婚活・結婚相談アクア・マースト東海】HPはこちら

関連記事