海外駐在員、スピード成婚の秘訣

海外駐在員の婚活 婚活のノウハウ

2020年は、コロナの影響でオンライン婚活が一気に進み、オンライン可の女性さんが増えたことで、海外駐在会員さんにとってはお見合いが組みやすくなる、という思いがけず嬉しい余波がありました。
海外駐在会員さんの活動が活発化するなか、お相手女性さんの相談所から:
「海外駐在員さんとの交際、はじめてなのですが、フォローのポイントを教えてください」
と聞かれることも増えてきたので、今日はアクア・マーストがおススメする「海外駐在員がスピード成婚するのに必要なポイント」をまとめました。

skype、LINE系の通信アプリを勉強しておく

オンラインお見合いはZOOMを使うことが多いですが、同時にskypeやLINEアプリも入れておいて、いつでも使えるように準備しておきましょう。
海外ですと、通話料通信料は国内とは比べ物にならないほど高くなります。そこで、日常使いのコミュニケーションツールとして、skypeやLINEといったアプリの無料通話を使うことになるのですが、赴任地によっては特定のSNSに使用制限がかかっている場合があります。例えば、中国ですと、基本、LINEやTwitter、Facebookは使えず、代替ツールとしてWeChat、weiboなどがあります。
VANを導入するなどして使えるようにする裏技もありますので、海外駐在員さんは、まず何が使えて何が使えないのか?使えるようにできないか?を検討する。
海外駐在員とお見合いを希望する女性さんは、なるべく多くのアプリを準備しておく。

よくあるパターンは:
平日はメールのやりとりをメインにする。
まとまった時間が取れる週末に、無料通話アプリでお話しする。
時差もあるので、お互いのペースがわかってくるまでは、少し手間取るかもしれませんが、はやめにメールや電話のパターンが習慣化できると、直接会える機会がなくても、交際はちゃんと深まります。最初が大事です。

交際に入ったら、赴任先に戻る前に最低1度は会っておく

これはオンラインお見合いではなく、一時帰国しての対面お見合いの場合なのですが、赴任先に戻る前に、可能な限り何度でも会っておくこと、これが順調な交際に入る秘訣です。
お見合いだけで赴任地に戻ってしまうと、お互い印象が薄れてしまい、次に実際お会いした時に「あれ?こんな人だったかな?」なんてことになるケースも。
以前の記事で、女性さんに「空港までお見送りに行く」というアドバイスをしましたが、これは本当におススメです。もちろん、男性さんに「お見送りに行ってもいいですか?」と事前に相談してください。「いや、見送りはいいですよ」と断られてしまったとしても、お見送りしたい、もう一度お会いしたい、という女性さんの真心が伝わりますので、お見送りを提案してみる、ということが大事なのです。断られても気になさらなくていいですよ。

積極的に行動する。好意は言葉にする。

もちろん国内で婚活されている皆さんも、これは大事なことですが、直接お会いする機会がなかなか取れない海外駐在員の婚活では、一層大事なポイントになってきます。
だらだら交際していたら、遠距離交際、自然消滅まっしぐらですので…。

・駐在員さんは、帰国機会があるなら、迷わず一時帰国する。
=>たとえオンシーズンで飛行機代が高騰していても、日程上1日しかフリータイムがないとしても、帰国の出費をためらわない。

・女性さんも、ある程度は積極的に。男性さんが「来てもいいよ」と言ってくれたら、思い切って現地まで遊びに行く。
=>その時は、日本食材や調味料など手土産を持参してください。もちろん2人で観光もいいのですが、一日は彼が住んでいるエリアが見たいな、と希望してください。近所のスーパーや公園などを一緒に見て回って、お昼に手料理を振る舞って、彼とそこで生活できるかを見に来たんだよ、という姿勢を示してください。

・日本でのデートは、女性さんがプランを立てて
=>これは、成婚退会された海外在住男性さんがおっしゃっていたことですが、「海外生活が長くて、日本の土地勘がないので、帰国した時のデートプランを立てるのが悩ましいです」とのこと。駐在員の彼はあなたに会うために、少なくない時間と費用を費やして一時帰国してくれています。「デートは男性がリードするもの」ではなく、ここは女性側が精一杯おもてなししてあげてください。

・気持ちは言葉にしないと伝わりません
=>なかなか会えないからこそ、好意と感謝は言葉にしましょう。「なんで何も言ってくれないのかな」と思う前に、まずは自分から言葉にしましょう。こちらの好意に誠実に向き合ってくれるかどうか?それで答えがでますよね。向き合ってくれない方の場合は・・・残念ですが、ご縁がなかったのだと思って、次に気持ちを切り替えることもできます。もやもやしているあなたの時間がもったいないです。

【婚活・結婚相談アクア・マースト東海】HPはこちら

関連記事