一時帰国を無駄にしない!海外駐在員の婚活スケジュール

海外駐在員の婚活

コロナのワクチン接種が順調に進み、帰国できないでいた海外勢の一時帰国ラッシュが始まっています。
アクア・マーストにも「一時帰国できそうなので婚活したいです」という問い合わせが増えてきました。おそらく、今月来月と海外駐在員のお見合いラッシュが始まります。海外駐在員狙いの女子にとっても、婚活強化月間が始まりますよ。どんどん申込みしてみましょう!

今年で創立20周年のアクア・マーストは、代表市原が、元海外駐在員(香港を初めとしてアジアや、ドイツ勤務)だったこともあり、世の中に「オンライン」という言葉が出るよりもずっとずっと前からSkypeなどをフルに活用して海外駐在員の婚活をフォローしてまいりました。海外駐在員婚活に特化した結婚相談所の草分け的存在で、ここまで綿密にお世話する!という結婚相談所は、他にはないのではないかと自負しています。

そこで今日は「婚活を始めてみようかな」そう思っている海外駐在員向けに、もし今日から婚活をスタートするならこんなスケジュールになりますという流れのご紹介をしたいと思います。

お見合いはオンライン一択!一時帰国は交際に使うべき理由

コロナを機に、婚活業界は一気にオンライン化が進みました。多くの相談所がオンラインお見合いに対応しています。ですから、一時帰国を機に「お見合いをしよう」では遅いのです。お見合いで交際に入れるかどうか?それは誰にもわかりません。ですから、貴重な一時帰国の機会を次につながるかどうかわからないお見合いに使ってしまうのはリスキーです。まずは、オンラインで気になる方たちとお見合いをし、数人にしぼった状態で(プレ交際)、実際に日本でお会いする。こういう流れで婚活スタートされるのが、最も無駄がなく効果的だと思います。

具体的なスケジュールは:
(1)いいな♪と思う人にお申込をする/入って来た申込から気になる人を選ぶ=お見合い成立(10件ほど)
(2)お見合い後、数人とプレ交際に入る(できれば5~6名ほど)
(3)一時帰国=日本でプレ交際のお相手と実際にお会いする。プレ交際を整理する(2~3人にしぼる)。日本にいる間に、しぼり込んだお相手ともう1~2回ずつ会っておく

一時帰国の期間は人によって様々かと思いますが、コロナの隔離期間を除いて2週間ほどあれば、上記のスケジュールが十分可能かと思います。一時帰国はプレ交際の整理に使うこと、「交際を継続したいな」と思ったお相手とは、日本にいる間に複数回会っておくこと、これが海外駐在員の婚活ではとても重要なファクターになります。

お見合いまで最短1ヶ月!カンタン便利なオンライン入会の仕組み

【入会~プロフィール完成】の流れは:
(1)こちらから「入会案内」メールをお送りします。そのメールの中のURLをクリックするだけで、WEBで入会手続きを進めることができます。所要時間は3分です。

(2)同時に、プロフィール作成に必要な「プロフィール・シート」「活動詳細要望書」も同じくWEB入力となっています。どちらも5分~10分ほどで入力が完了します。

(3)それとは別に、自己紹介文作成に必要なアンケート「宿題メール」があります。一問一答のアンケート形式になっているので、それに答えていく形で、無理なく自己紹介文の素案ができあがります。この宿題メールの返信と、もしお時間の都合がつけば、プロフィール作成担当がZoomやSkypeでインタビューを行います(※必須ではありません)。

(4)その後、こちらで自己紹介文/相談所PRの下書きを作成します。それをチェックしていただき、問題なければこれでプロフィールは完成です。もちろん、違和感のあるところはご遠慮なく修正してください。一緒にあなたらしいプロフィールを作り上げましょう。プロフィールはお見合い成立率を上げるのに重要な要素ですので、しっかり手間をかけるべきポイントです。

(5)必要書類もメール添付で頂戴します。独身証明書のみ役所での取り寄せが必要となりますが、どんな手続きが必要かは、その都度全てこちらでご案内しますので、ご安心ください。コロナ禍になってから、業界全体で『オンライン面談後のオンライン入会』が可能になっております。

(6)お写真は、通常写真館で撮影することをおススメしますが、海外駐在員に限ってはスナップ写真も大事です。海外らしい背景のスナップ写真は、システムでずらっとお写真が並んだ時に良い意味で目立ちますし、海外志向の女性にとても受けが良いのです。お手持ちの写真をメールで送ってくだされば、こちらで「女性受けするお写真」をお選びします。色調やトリミング、モザイクなどの加工も適宜致しますので、多少暗かったり余計なもの(他人)が映りこんでいても構いません。どんどん送ってください。

「本帰国になったら婚活」という考えでは遅すぎる理由

海外駐在員の多くが勘違いしていること、それは「海外にいるから婚活に不利ですよね」ということです。
「本帰国が決まったら婚活しようと思うのですが…」という問い合わせもよく入るのですが、この考えは間違っています。海外駐在員である今こそ婚活をするべきなのです。その理由は:

  • 海外駐在員は、婚活市場で最大のモテ層である
  • 男性も女性も一番の条件は年齢!時間が最も貴重である
  • オンライン婚活が主流の今、物理的距離は問題ではない

海外駐在員というスペックは、婚活市場で最も強いカードとして使えます。自分が主導権を握って婚活をしたいなら、この強いカードを保持した状態で婚活をスタートするべきです。このカードの威力がどのくらいのものなのか・・・実際やってみて、実感してほしいと思います。

【まとめ】海外駐在員の婚活は【スケジューリングと事前準備】が命です!計画は綿密に!

コロナ禍もあり、海外駐在員にとって一時帰国機会は一層貴重なものとなっています。アクア・マーストの海外駐在会員さんも皆様「年に一度帰れるかどうか」「次いつ帰れるかわからない。見通しが立たない」という状況です。
それでも、成婚は出ています。
短期で成婚できる人の特徴は:

  • オンラインを最大限活用する
  • 一時帰国が決まった時点から綿密に計画を立てる(入念な準備!)

この2点を徹底しています。「オンラインで交際なんてできるの?」と思われるかもしれませんが、できます!!
以前に比べれば、対面のコミュニケーションツールも豊富にあり、そのほとんどが無料で使えるわけですから、今の時代海外であっても、交際に障害はありません。もちろん交際を順調に進めるために気を付けること、知っておくといいことはあります。海外駐在員のサポートに長けた結婚相談所なら、そうしたソフト面でのバックアップも万全に整えています。案ずるより産むが易しです。一時帰国できそうだな、と思ったら、思いきって婚活を始めてみましょう。

もちろん、【入念な準備】と【綿密な効率よいスケジューリング】は、担当する結婚相談所が相応の経験を積んでいることが必要条件です。さもなければ、あっという間に時間ばかりが経ってしまいます。
「今、海外にいるけど、やっぱり日本人と結婚したい!」そんな海外駐在員のお世話に自信と実績のあるアクア・マーストに、まずはお気軽にお問合せしてみて下さい。

関連記事