海外駐在員の婚活は、スナップ写真で勝負!

海外駐在員の婚活 婚活のノウハウ

婚活プロフィールの決め手は写真

婚活中の方なら皆さまご存知の通り、いまどき婚活のプロフィール写真は、写真館撮影が主流となっています。システムを開けると、一昔前の「THE!写真館で撮りました」なんて堅い写真ではなく、雑誌のモデルのように自然な、カッコいい男性さん/キラキラ輝く、美しい女性さんがズラリ!! 日常業務で見慣れている私どもでも、ついため息が出てしまうような美男美女が毎日続々と新規登録されてくるのですから、ちょっとすごい世界です。

もちろん、なかには「普段の雰囲気そのままの、自然なスナップ写真がいい」という方もいらっしゃいますので、写真館で撮影するのが必須!というわけではないのですが、写真館撮影が主流の現在、スナップお写真ですと、どうしても目立たない、膨大なデータの中に埋もれやすくはなってしまいます。そうなりますと、申込も入りにくくなり、活動に大きなマイナスとなってしまいます。

ですから、基本、アクア・マーストの会員さんには、活動スタート時には写真館撮影をおススメしています。
・費用がかかる
・半日休日を潰して撮影に行かなくてはならない
・今まで撮影したことがなく気恥ずかしい

こうした理由で、気乗りがしない方もいらっしゃいますが、写真館のお写真には、それらのデメリットをカバーしてあまりある効果があるので、ここはぜひ頑張って、撮影にトライして頂きたいところです。
しかし、この基本原則は、海外駐在員さんには必ずしもあてはまらない場合があります。

海外駐在員さんには敢えてスナップ写真をおススメする理由

海外駐在員さんに敢えて: 「スナップ写真でスタートしましょう!」 と提案する理由は、2つあります。

一つは、これは赴任先にもよりますが:
現地に適当な写真館がないため
写真館があったとしても、国によって流行が違うため、ポージングや髪型、細かいことを言うと色調や背景(ぼかし方など)に違和感が生じてしまう恐れがあります。修正などが入れられてしまうと、ご本人の良さが台無しになってしまうケースも・・・(実際はとても温和な雰囲気なのに、冷たい印象になってしまったり)。

もう一つは、これは海外駐在男性さんに言えることですが:
・海外っぽい風景写真が女子受けするため
海外駐在員と結婚したいと思っている女性さんは、ご自身も海外留学/駐在経験がある方も多く、基本、海外好きの傾向があります。ですから、いかにも海外!というスナップ写真を掲載すると、海外志向の女性さんの目に留まりやすくなります。例えば、北米や欧州でしたら、都市部のビル群などの建物背景や、逆に田園風景もおススメですし、アジア圏ならリゾートビーチや、お住いのマンション庭園、プールサイドなどは、過去とても良い反応がありました。

もちろん、一時帰国の機会があれば、日本の写真館で撮影できればベストですが(その場合、システムに掲載する1枚目を写真館、2枚目をスナップ写真にできます)写真のためにわざわざ帰国するわけにもいきませんので、まずはスナップ写真でトライをおススメしています。

何気ないスナップ写真に一手間かけることが婚活成功の秘訣

「スナップ写真、海外っぽい写真ならなんでもいいの?」 という疑問が出るかと思います。 アクア・マーストでは、まずはお手持ちのスナップ写真を、なるべくたくさん送って頂いています。その中で使えるものがあれば、そのまま使います。 また、アクア・マーストには、海外駐在員向けの「スナップ写真マニュアル」があります。そちらに、スナップ写真の質を上げるちょっとしたコツや見本写真を載せていますので、それも参考にしながら撮影頂くこともあります。

以前、ご成婚退会した海外駐在男性さんから:
「プロフィールに載せる写真を何度もドライバーと撮り直したこと、市原さんに相談したことは、今となっては良い思い出です」
と言って頂いたことがあり、このお言葉はとても印象深いものとなっています。
彼は、現地スタッフと一緒に、いろいろなポーズやロケーションで、100枚以上のスナップ写真を撮影してくださいました。
結局、お写真がプロフィールで最重要!という基本は変わりませんので、写真館撮影だろうがスナップ写真だろうが、一手間かけることができるかどうか?が婚活成功の秘訣かな、と思います。

地味な事でも、手間をおしまない。努力をおしまない。 思うにまかせない活動状況でも、できることを精一杯やる。
言うは易し行うは難しですよね。すぐに結果に結びつかないことを、こつこつやるのは難しいことです。けれど、これができるかできないか、が成婚の分かれ目になることもあるのです。

【婚活・結婚相談アクア・マースト東海】HPはこちら

関連記事