短期で婚活卒業する人の戦略

婚活のノウハウ 女性の婚活 男性の婚活

スピード成婚の秘訣

アクア・マーストでは、成婚会員の4人に1人が入会から半年以内に成婚しています。

もちろん婚活は人それぞれ、マイペースに取り組みたい人もいますし、早くゴールすれば良い、というものではありません。ですが、もしあなたが:
「一日も早く結婚したい」
「婚活に時間を使いたくない」
と思っているのなら、短期で婚活を卒業するプランを立てるべきでしょう。
今日は、アクア・マーストで入会から6ヶ月以内で成婚した会員さんにフォーカスして、彼ら/彼女らが何をしていたか?婚活をスタートするにあたりどんな準備をしていたか?ご紹介したいと思います。

期限を決めて活動する

活動をスタートする時点で「いつまでに結婚するか?」目標設定をします。
例えば、8ヶ月後に成婚する、と決めたら、そこから逆算することで「今やるべきこと」がわかります。逆算をしてみましょう!

8ヶ月後に成婚する>>>6ヶ月後には真剣交際に入る>>>5ヶ月後には交際を比較し絞り込む>>>3ヶ月後には複数プレ交際を成立させる>>>1~2カ月後には集中してお見合いを組む>>来月10件のお見合いするために、今週まず30件申込をする。成立状況を見て来週も数十件申込をする>>>すぐ申込ができるよう、今日は50人を目安にお気に入りを入れておく

頭の中でシミュレーションをするだけではなく、表に書き出してみることをおススメします。
(アクア・マーストでは入会時に、この成婚までのスケジュールを書き込む表をお渡ししています)
光陰矢の如し。漠然と婚活をしていると、日々の忙しさに流され、あっという間に半年1年が経ってしまいます。仕事と同じように、しっかりスケジュール管理タスク管理をすることで「今やらないといけないこと」「できていないこと」が可視化されますし、やる気という気持ちの波に左右されることもありません。

もちろん、婚活は人とのご縁ですから、当初の予定通り進むとは限りませんが、その時は、都度スケジュールを修正すればいいのです。「ちょっと予定と違ってきたな…」と感じたときは、なぜ予定通り進まないのか?原因を分析する良い機会になりますし、遠慮なく相談所の担当者に相談して、面談を設定してもらいましょう。
定期的な活動の振り返りも大事な成婚への要素になります。

チェックリストを作成する

婚活を始めたばかりの頃は、誰しも:
「どんな人を選べばいいのかわからない」「会っているとき何を話せば価値観が合うかどうかわかるの?」
ということにお悩みです。結婚は価値観、フィーリングと言われても、そもそも今までフィーリングがぴったり合う!という経験をしたことがなければ、それがどういうことかわかりませんよね。

なかには、お見合いでビビビッと来て、という人もいますが、それはなかなかのレアケース。ほとんどの成婚者は「悪い人じゃなさそうだな」でプレ交際に入り、何度か会ううちに「この人かな・・・?」となっていきます。その過程は短期で成婚する人も全く同じです。ですが、短期で成婚する人の多くが、お相手チェックリストを作成しています。
その内容は人それぞれですが、例えば、アクア・マーストで入会から4カ月で成婚したキャリアウーマンさんは:

1. 育った環境、受けた教育、家族構成
2. 仕事に対する取組み方、基本スタンス
3. 金銭感覚
4. 絶対にやってほしくないことについて
5. イライラしてる時、悲しい時などにどのようにしてもらいたいか
6.これからの家族でやりたいこと
7. 子どもについて

このようなリストを作り、プレ交際に入ったらすぐに確認をしていました。つまり、自分にとって絶対に譲れないことをリストにし、それは交際初期に確認する、そのうえで「会っているとき楽しい人」を重視して、交際を深めていきました。

会員さん達からよく受ける相談に:
「会っていても、これといってマイナスはない・・・けど決め手もない」
というものがあります。
つまり「友達としてはいいんだけど、結婚相手として考えると、どうなんだろう?」と悩むケースですね。
そんなときはこんなふうに「自分にとって大切なこと」をリスト化する。それを基に価値観が合うかどうか?を判断していく、という作業はとても有用ではないかなと思います。

まず、リスト化することで、自分の希望が整理されます。これが、実はとても大事なステップです。
長年婚活するみなさんをサポートしてきて気がついたことですが、【自分の本当の希望】をわかっていない人って、意外に多いものです。
希望を書き出してみることで、ぼんやりとしたイメージではなく、希望条件の優先順位が定まります。
また「断る決定的理由がない・・・」と交際を続けた結果、結局は価値観の違いを乗り越えられなかった・・・なんてこともよくありますが、活動スタート時にこの作業をすることで、そのような事態も避けられるのではないでしょうか。

第一印象は大事

「ありのままの自分を見てほしい」
そう思う気持ちはわかります。ですが、ありのままのあなたを見てもらうためには、交際に入らないと話になりません。交際に入らなければ、ありのままのあなたを見てもらうチャンスもないわけです。
スピード成婚する人は、それをよく知っています。ですから、お見合いが組めるよう努力しています。そして、お見合いでOKお返事がもらえるよう努力しています。そうした努力は、最大限にしています。
たとえば:

  • 一回一回のお見合いを大事にしている(「これは違うな」と思う人とのお見合いでも「これも経験」とOK返事をもらうことに目標を切り替え、きちんとお見合いをしている。無駄なお見合いがない)
  • お見合い、プレ交際中のデートは、毎回美容院でセットしていく(婚活は短期決戦と決めて、美容院のサブスクサービスを利用する。短期で決める覚悟も決まる)
  • 洋服レンタルサービスを利用する(美容院同様、短期で決める覚悟が決まる。着回しアドバイスも受けられるので、服のことで悩まなくなる。自信がつく。アクア・マーストでも、男性向け洋服レンタルの提携サービスがあります)

急がば回れの格言通り「丁寧に活動すること」「思い切った少しの投資」が結局はゴールへの近道になります。

【まとめ】活動を可視化する大切さ

期限を決めて活動するのも、チェックリストを作ることも、つまりは活動を可視化するということです。
可視化することで、今やるべきことが明確になります。
婚活が長引いてしまう理由は:

  • 婚活をしていることで安心してしまう(交際相手がいることで安心してしまう)
  • もっといい人がいるかも…と考えてしまい決断できない(タイミングを逃す)
  • 自分の本当の望みを見失っている(なぜ結婚したいのか?突き詰めて考えられていない)

このあたりではないかと思います。
婚活中は、つい結婚がゴールだと思いがちですが、実はそうではなく、結婚はスタート♪です。ときどき、結婚された元会員さん達からも、いろんなご報告あります。時には夫婦喧嘩しちゃったけど、それでも、仲直りしてより一層、家族の大切さがわかった、という方もいらっしゃいます。やっぱり、人生の中でパートナーがいるのはあなたの人生を豊かにすると思います。
良いスタートを切る為にも、婚活に過剰な時間とお金を遣わず、余力を持って卒業していって頂きたい、と思います。


関連記事